生理痛の緩和

寝方を見直して生理痛を緩和しよう

睡眠の質が悪いと生理痛をはじめ、体に様々な悪影響を与えてしまいます。
生理痛に悩まされている方は、睡眠時間だけではなく、睡眠の質を高める工夫もしてください。
質のいい睡眠をとることで、症状を緩和させることができます。

夜遅くに食事をして、そのまま寝てしまうと睡眠の質を低下させ、生理痛を悪化させます。
満腹状態で寝ると内臓機能が休めないので、疲労回復の妨げになります。
寝る2時間~3時間前からは食べ物を口にしないようにしましょう。

寝る前にパソコンやスマホを見ないというのも重要です。
パソコンやスマホの画面からはブルーライトという強い光が発せられており、
これが脳を覚醒させてしまい、熟睡を妨げます。

睡眠の質を上げるためにも寝る時間にこだわってください。
ベストな時間は夜11時から午前2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。
この時間帯に寝ていると成長ホルモンが活発に分泌され、ホルモンバランスの乱れを改善できます。
また、アンチエイジングにも繋がるので、若々しい美肌作りにも有効です。

電気をつけたまま寝る方もいますが、睡眠の質を高めたい場合は消すようにしてください。
明るい状態で寝るよりも暗くした方が質のいい睡眠をとることができます。

 

Page top

 

 

生理痛がひどい

生理痛が辛い

生理痛とサプリ

生理痛と薬

生理痛をやわらげる方法

生理痛の緩和