生理痛と薬

生理痛の薬の飲み方

みなさんは生理痛の薬をどのタイミングで飲んでいますか?
痛みが出てからや、我慢できなくなってから飲み始める方が多いと思います。
しかし、これは間違った飲み方です。
痛みが酷くなってからだと既に痛みの原因物質がたくさん発生しているので、薬を飲んでも効果が弱いです。
これでは生理痛を緩和できないので、痛みが出る前または痛みが出そうと感じた時に飲み始めてください。
痛みが弱い段階で飲み始めないと薬の持つ本来の効果が発揮されません。
生理痛が出るタイミングは大抵決まっているので、そこに合わせて飲むようにしましょう。

薬を飲み過ぎると効き目が鈍くなることもありますが、過剰に飲まなければ問題ないです。
月に数回飲む程度なら効き目が鈍くなることはないので安心してください。

また、強い成分が入っている薬を飲むと眠気、経血の増量、アレルギー反応、胃腸障害、湿疹、めまい、
かゆみといった副作用を起こす場合があります。
副作用があまりにも重い場合は使用を中止し、症状が改善されない時は病院に行きましょう。

市販薬を飲んでも生理痛が改善しないことや、今までは効いていたのに急に効かなくなることもあるでしょう。
このような場合、女性特有の病気を発症している可能性があるので、医療機関を受診してください。

 

Page top

 

 

生理痛がひどい

生理痛が辛い

生理痛とサプリ

生理痛と薬

生理痛をやわらげる方法

生理痛の緩和