生理痛と薬

生理痛の薬を選ぶポイント

薬局やドラッグストアに行くと生理痛の薬がたくさん販売されています。
ただ、あまりにも種類が多いとどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね?
そこで適当に選んでしまうと効果がなかったり、副作用に悩まされてしまうので注意してください。

生理痛の薬を購入する場合、注目したいのが成分です。
15歳以上の方はイブプロフェンが入っている薬、15歳未満の方はアセトアミノフェンが含まれる薬を
購入しましょう。
イブプロフェンは生理痛に高い効果を発揮しますが、15歳未満には使用が認められていません。
ただし、病院で処方されるイブプロフェンが配合された薬は15歳未満でも使用可能です。

生理になるとむくみが酷くなる、頭がボーっとする女性も多いのではないでしょうか。
このような症状の方にはカフェインが入った薬がおすすめです。
カフェインにはむくみや眠気を抑える働きがあるので、症状が緩和されるはずです。

頭痛やイライラに悩まされる方はブロムワレリル尿素やアリルイソプロピルアセチル尿素といった
催眠鎮静成分が配合されている薬を使用してください。
催眠鎮静成分配合の薬を飲むと興奮が静まり、気持ちがリラックスします。

どれがいいのか自分で選べない場合は薬剤師の資格を持ったスタッフに相談してください。

 

Page top

 

 

生理痛がひどい

生理痛が辛い

生理痛とサプリ

生理痛と薬

生理痛をやわらげる方法

生理痛の緩和