生理痛と薬

生理痛の薬とは?

生理痛が酷い場合、とても心強いのが薬ですよね。
薬を飲めば痛みが緩和されるので、日頃から服用している方も多いはずです。
そんな生理痛の薬は「鎮痛薬」「女性ホルモン薬」「漢方」の大きく3つに分けることができます。

鎮痛薬とは痛みを抑える薬のことで、ドラッグストアでも購入でき、種類も豊富です。
バファリンやナロンエース、ノーシンピュア、セデスなどの市販薬も鎮痛薬に該当します。
生理痛の原因物質であるプロスタグランジンの発生を抑制し、痛みを緩和させるイブプロフェンが配合された薬は
15歳以上の女性しか使用できません。
アセトアミノフェンが配合された薬は15歳未満でも使用可能です。
さらに頭痛・イライラを抑える催眠鎮痛成分や生理中のむくみを抑えるカフェインが入った薬もあります。

女性ホルモン薬はプロスタグランジンの過剰分泌を抑制する薬です。
ドラッグストアでは購入できないので、使用したい場合は病院に処方してもらいましょう。

漢方薬でも生理痛を改善できるかもしれません。
即効性がない、効果に個人差があるといったデメリットがありますが、副作用の心配が少ないので使いやすいです。
加味逍遥散(かみしょうようさん)や佳枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
などが生理痛にいいといわれています。

 

Page top

 

 

生理痛がひどい

生理痛が辛い

生理痛とサプリ

生理痛と薬

生理痛をやわらげる方法

生理痛の緩和