生理痛が辛い

生理痛が辛い時は病気の可能性もある?
生理痛が辛い方は一度病院を受診された方がいいかもしれません。
もしかすると何かしらの病気が原因で、辛い生理痛を引き起こしている可能性があります。
そのまま放置するとますます生理痛が悪化しますし、病気も進行してしまいます。
万が一のことも考えて、早めの受診をおすすめします。

生理痛を重い場合、最も可能性が高いのが子宮内膜症です。
子宮の内膜以外に子宮内膜ができる病気のことで、放置するとどんどん悪化していきます。
若い女性に多く見られる病気で、発症すると酷い生理時の痛みが強くなり、月経血も多くなります。
生理の度にこの2つの症状が強くなっていく場合は子宮内膜症を疑ってください。
吐き気、下腹部の痛み、排便痛といった症状も子宮内膜症になると起こりやすいです。

良性の腫瘍が子宮にできる子宮筋腫も生理痛を酷くする病気として有名です。
腫瘍は良性なので放置しても死にいたることはないですが、サイズが大きくなり、生理痛を重くさせます。
月経血が急に多くなった場合は子宮筋腫の恐れがあります。

また、病気ではないですが、月経困難症の可能性もあります。
月経困難症とは生活に支障をきたすほど生理時の症状が強く現れる状態をいいます。
放置しても治るものではないので、治療を行う必要があります。

 

Page top

 

 

生理痛がひどい

生理痛が辛い

生理痛とサプリ

生理痛と薬

生理痛をやわらげる方法

生理痛の緩和